Loading...

EMPLOYMENT
求人情報

English Column

英語学習コラム

Today’s English Phrase ~振り返り編~

Hi, everyone!
こんにちは!コーチTOYAです!
英フットでは、11月から新しい取り組みとして 新コーナー“Today’s Engllish Phrase”を始めました🗣
各校にて毎レッスン最初に新しい英語フレーズをクイズ形式で出題し、みんなで声に出しながら英語を学んでいます👏

そこで今回は、今まで各週で学んできた英語フレーズをそれぞれ振り返っていきたいと思います!
レッスンで習ったけど、もう忘れちゃった・・・
そんなお友達も大丈夫!
今回のブログで一緒に復習していきましょう!

U6クラス(年少〜年長)

I did it! / できたよ!

「〜できたよ!」と言いたい時は、英語で“I did it!”ということができます!
レッスン中のトレーニングができた時や、何かサッカーの技が成功した時に使える便利な英語表現です🗣
サッカー中だけでなく、おうちでもよく使えるので、お子さんと一緒に使ってみてください👍

Behind / 後ろ

“Behind”「後ろ」という意味の英語表現です。
場所を表す「前置詞」と呼ばれるもので、特に日常会話の中では普段私たちもよく使っています。

finish / 終わり

“finish”「終わり」という意味の英語表現です。
日本語でもよく使うフレーズなので、もう既にご存知の方も多いかなと思います!
“over”“done”などといった他の「終わり」という意味を持つ英語表現もありますが、まずは1番基本的な“finish”を使えるようにしておきたいですね!

pick up / 拾う

“pick up”「拾う」という意味の英語表現です。
おそらくこのフレーズは毎レッスンコーチたちが使っています。笑
トレーニングが終わって、配置してあるマーカーやコーンを片付ける時に、
“please pick up all markers.”
「マーカー(を拾って)片付けてね!」

と子どもたちに協力を仰いでいるので、みんなよく口に出して発声してくれている英語フレーズです。

U9クラス(小学1〜3年生)

What’s next? / 次は何?

“What’s next?”「次は何?」という意味の英語表現です。
次のトレーニングは何をするのかをコーチに聞きたい時は、英語で“What’s next?”と言ってもらうようにしています。
“next”「次へ」という意味で、その単語からも意味を理解しやすいので、比較的簡単な英語フレーズですね!

Are you okay? / 大丈夫?

“Are you okay?”「大丈夫?」という意味の英語表現です。
お友達が転んでしまった時に、“Are you okay?”というように、相手を心配するような尋ね方をすることができます。
しかし、すぐに“Are you okay?”と聞きすぎてしまうと、かえって相手をバカにしているような捉え方をされることもあります。。
使いすぎには注意しましょう。笑

I’m thirsty. / 喉が渇いたよ

“I’m thirsty.”「喉が渇いたよ」という意味の英語表現です。
“thirsty”は、初めが“th”から始まるので正しく発音することがすごく難しいですね。
ポイントは、舌を上歯と下歯で噛んで発音すると同時に舌を巻きます。
苦戦すると思っていましたが、予想以上に子どもたちが上手に発音していることが印象的んでした👏

I know, I don’t know. / 知ってるよ、分からないよ

“know”「〜を知っている」という意味の英語表現です。
否定のニュアンスを持つ“don’t”をつけて“I don’t know.”というと「知らないよ/分からないよ」という意味になります。
どちらにせよすごく便利な英語表現ですが、何に対してでもすぐに“I don’t know.”という癖がつかないように気をつけましょう笑

U12(小学4〜6年生)

spread out / 広がる

“spread out”「広がる」という意味の英語表現です。
トレーニング中、他のお友達と距離が近すぎてぶつかってしまいそうな時に、”Spread out!”「広がってね!」とよく使います。
味方がボールを持っていて、パスが受けられるように相手から離れる時も「(相手から離れて)広がって!」と使うことができます。

Here / ここに

“here”「ここへ」という意味の英語表現です。
“Come here.”「ここに来て」などというようにフレーズとしてよく使います。
こちらも毎レッスン必ず一度はコーチ陣が口にしている英語フレーズですね!

I got it. / 分かったよ

“I got it.”「分かったよ」という意味の英語表現です。
相手が言ったことに対して「分かったよ!」「理解したよ!」と言いたいときに使える英語フレーズですね。
他にも”I understand.””Okay.”など同様の意味として使うことができるものもあるので、合わせて覚えておきましょう!

I’m good at ~ / ~が得意だよ

“I’m good at 〜 “「〜が得意だよ」という意味の英語表現です。
“at 〜 “の後は、「得意なこと」を入れましょう。
必ず名詞または動名詞(〜ing)が入るので間違わないようしっかり覚えておきましょう!

どんどん口に出していこう!

いかがでしたか?
今回は「Today’s English Phrase」で毎レッスン紹介している英語フレーズをご紹介しました。
コーチから言われた英語を受け身になってただ聞くだけでなく、一緒に口に出し、目で理解することで確実に記憶に残っていきます。
せっかくレッスンで覚えた英語フレーズを忘れないように、どんどん口に出して実際に使えるようにしていきましょう!

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました!
See you next time!

©︎2020 Eigo Football Academy