Loading...

EMPLOYMENT
求人情報

English Column

英語学習コラム

ハロウィンで使える英語フレーズ2022ver.

Hello, everyone!
みなさんこんにちは!コーチTOYAです!

もうすぐハロウィンですね🎃
今年も英フットではみんなで仮装をして、スタッフ陣でお菓子を用意し、年に1度しかないハロウィンムードをお祝いします🍬
皆さんはどう過ごされますか?🤔
子どもたちが喜ぶようなコスチュームを身に纏ってサプライズで驚かせるのも楽しそうですよね😂

今回はそんなハロウィンで使える英語フレーズ2022ver. をご紹介します!
1年前にもハロウィン使用の英語フレーズをご紹介したブログを更新しているので、そこからもう1年経つと考えると、時の流れの早さを本当に実感します😂
来週から英フットでは【ハロウィンウィーク】と題して、みんなで仮装をしてレッスンをするので、そのタイミングで保護者の皆さんもぜひ子どもたちに使ってみてください🗣🏠

ハロウィンで使える英語フレーズ

単語集

まずはハロウィンで使えそうな英単語からご紹介していきたいと思います🎃

witch 魔女
ghost おばけ
monster 怪物
zombie ゾンビ
bat コウモリ
Jack-o’-lantern 提灯持ちの男
black cat 黒猫
spider クモ
skeleton ガイコツ
dracula ドラキュラ
Frankenstein フランケンシュタイン
mummy ミイラ男
werewolf オオカミ男
princes プリンセス
pirate 海
creepy 気味の悪い
spooky 不気味な

フレーズ集

・Trick or treat!!

「お菓子をくれないといたずらするぞ!!」

ハロウィンといえば、この定番英語フレーズですね🎃
“Trick”は「いたずら」、”treat”は「お菓子」を意味する英単語です。
基本的に海外の文化では、子どもたちがいろんな家を訪れこのフレーズを言ってからお菓子をもらうことができますが、たまに”Trick(いたずらしていいよ)”という方もいるそうです😂
それはそれで子どもたちのどういう反応を見れるかが面白そうですよね笑

・Happy Halloween!!

「楽しいハロウィンを!!」

こちらもハロウィンの挨拶フレーズとして使える一般的な英語表現ですね!
この日だけはいつもとは違った挨拶をすることで、よりハロウィン感を楽しむことができそうです🎃
その日出会う人や、すれ違ったご近所さんたちにぜひ使ってみてください👍

・Boo!!

「ワー!!」

誰かを脅かす時の英語での言い方です😂
英語圏の国では、このように”Boo(ブー!!)”と言うことができるんですね。
「ワー!!」で育ってきた僕たち日本人にとっては、全く聞き馴染みのない英語です笑

・I’m scared.

「怖いよ」

こちらは「怖いよ〜」や「ビビってるんだ」という意味として使える英語フレーズです。
このフレーズは自身が怖がっている様子を表しますが、仮に自分ではない他の誰かやものなどに対して「それは怖いね」という際は”That’s scary”と言うことができます。
“sacred”と”scary”は微妙にスペルが異なるので注意しましょう!

・What do you wear this year?

「今年は何を着るの?」

特に子どもたちはこの季節になると「今年はどんなコスチュームを着ようかな」とワクワクするものです👦🏻
“wear”は「〜を着る」という意味を持つ英単語であり、主に衣類を着る時に使いますね。
皆さんは今年どんな仮装をしますか?🤔
(ちなみに僕たちコーチ陣の今年の仮装はあの有名ピクサー映画のキャラクターです😏)

・I’m going to be a witch this year!

「今年は魔女になるよ!」

いよいよ今年の仮装が決まったようですね😂
“be going to be 〜”で「〜になる」という意味を表します。
同様の意味として”become”も使えますね👍
ただその年に着るコスチュームは当日までみんなには内緒でお楽しみにしておきたいものですが、、笑

・How do I look like?

「何に見える?」

仮装した自分の姿について、相手にどう思うかを尋ねるときに使う英語のフレーズです👻ハロウィン以外の日でも、自分の姿がどのように見えるかについて聞きたいときなどに、日常会話でも使われます。
“look”は「〜に見える」という意味を表す英単語であり、自分のコスチュームを着ているのかを相手に訪ねたい時にぜひ使ってみてください👍

・You sacred me!!

「怖がらせないでよ!!」

先程紹介した”scared”を使った英語フレーズですね!
このフレーズを直訳すると「あなたは私を怖がらせた」という意味になりますが、そこから意味が転じて英語では「怖がらせないでよ」という意味を表します📝
相手を楽しませようとして何か驚かせたり怖がらせたりすることは楽しいですが、何事も「やりすぎ」には気をつけたいところです😂

・I hope we can enjoy a spooky night.

「不気味な夜を楽しもうね」

とてもハロウィンらしい単語を含んだ英語フレーズですね🌖
“spooky”は「不気味な」という意味を表す英単語であり、ハロウィン独特なあの不気味な夜を表現するのに最も適しています💀
“hope”は「〜になることを願うよ」というように、これから起こり得る未来に対して希望や願望を持つような英単語です。
“I hope ~” や “We hope ~” で「〜だといいな」や「〜になることを願うよ」というニュアンスを表すことができます💡

・I witch you a Happy Halloween.

「ステキなハロウィンを!」

こちらはとても英語っぽいオシャレなハロウィン挨拶フレーズです!
本来であれば”I wish you..”というように”witch”の部分が異なりますが、”wish”と”witch”をかけてよりオシャレな言い回しとなっています💡
ちなみに、”wish”は「〜だと願う」、”witch”は「魔女」という意味の英単語です。

みんなでハロウィンを楽しもう!

いかがでしたか?
今回は【ハロウィンで使える英語フレーズ10選】をご紹介しました🎃
年間を通していろいろなイベント毎がありますが、その都度その都度で旬な英語フレーズを覚えて「その期間しか作れない英語環境」を子どもたちに作ってあげてみてください👍
仮装をして、お菓子を食べて、今回の英語フレーズを使ってみて、みんなで楽しくハロウィンを過ごしましょう✨

今回も最後まで見て頂きありがとうございました!
See you next time!!

©︎2020 Eigo Football Academy